元請とは?下請との違いやそれぞれのメリットを紹介

元請とはどういう意味でしょうか。
下請との明確な違いや、元請になるメリットを改めて解説します。

元請とは


元請とは、請負契約における発注者から直接仕事を請け負う建設業者のことです。
下請とは、請負契約における請負人をいいます。

下請との違い

元請は発注者から直接仕事を請け負うのに対して、下請は元請業者あるいは元請負人の引き受けた仕事の全部または一部を、さらに請け負います。
つまり、元請と下請の違いは、誰から仕事を請け負っているかという点になります。元請は発注者から、下請は元請から仕事を請け負っています。

また、元請から工事を請けた下請からさらに仕事を請け負う「孫請」も存在します。
その為、孫請は下請よりも少し受注価格が少なくなります。

元請のメリット・デメリット

メリット

  • 請求価格を決められる
  • 利益率が高い
  • 自社だけでは施工しきれない工事も、請け負える

請求金額を決められる
元請業者は発注主と直接取引を行う為、自由に請求金額を決められます。
例えば、自社で最終的に残したい利益から逆算し、発注主へ請求金額の交渉が出来ます。

利益率が高い
発注主への請求金額に加え、下請へ支払う金額も元請により決められます。
より多くの利益を残したい場合には、下請への支払い抑えるほど利益が残るのです。

自社以上の力が発揮できる
下請の力を上手く利用することで、自社だけでは施工しきれない工事も、請け負えるようになります。
また知識や技術の面でも、自社にはない強みを下請が持っている可能性もあります。

デメリット

下請に対しても責任を負う
一方、元請のデメリットとしては、下請業者の仕事に対しても責任を負わなければいけない点です。自社で下請を利用した以上、仕事の完遂まで元請が責任を持たなければなりません。
その点も踏まえ、下請選定には時間を掛けて慎重に選ぶ必要があります。

下請のメリット・デメリット

メリット

  • 営業が不要
  • 受注量が安定しやすい

営業が不要
下請の最大のメリットは、営業に時間と労力を注がなくて済むことです。
発注主と直接取引をする為に必要な交渉や広告が不要になるわけです。その結果、本来営業にかかる費用も削減できます。
また下請として大手の会社から仕事を請け負うことで、大きな工事の案件なども請け負うことが可能です。

受注量が安定しやすい
発注主から直接、仕事を継続的に請け負うことはかなりの労力がかかります。
しかし、力のある元請の下に付いておくことで、一定の業務量を確保することが可能です。

デメリット

  • 請負価格を自分で決められない
  • 元請の言いなり

一方、下請のデメリットは、常に価格競争を強いられてしまうことです。元請けのメリットでもお話ししましたが、元請は少しでも安い価格で請け負ってくれる業者を求める傾向にあります。
そのため、仕事を貰う立場にある下請は、元請の言い値で請け負わざるを得ないわけです。

いかに、下請が価格面で不利な立場にあるのかが分かりますね。

元請・下請構造による問題点


元請となる企業は、費用を少しでも安く抑えるため様々な下請から相見積りを取ります。
その結果、下請も価格競争に勝つため価格を下げざるを得ず、度重なる値引き要請から採算が取れない仕事も引き受けなければならないこともあります。

下請の立場上、請負金額や利益などをコントロールするのが難しい状況にあるのが現実です。

また、建設業者同士でのトラブルは7割が建設工事の請負代金等の支払に関する問題です。
請負代金トラブルが起こった際でも、基本的には契約上の問題となる為、行政が介入することは難しく、当事者同士での解決が原則となります。
トラブルを未然に防ぐ為には、契約内容を書面に必ず残すことを意識しましょう。特に契約内容を変更する場合や、工事途中に作業が追加されるときは注意して、書面化による契約変更を行う必要があります。

元請の義務


自社以上の力を出すことが可能な下請の存在は大きいですが、元請は下請仕事を依頼する際下請に対し果たさなければならない義務があります。

  • 下請業者に法令遵守指導の実施
  • 下請業者の法令違反については是正指導の実施
  • 下請業者が是正しないときの許可行政庁への通報

まとめ


日本の建設業を見ても、元請だけでは完遂出来ない工事も下請の協力により実現してきました。
重層下請構造を持つ建設業では、両者の関係は切っても切れません。
支払いや契約トラブルにならないよう、元請としての責任、下請としての注意事項を当事者同士で守って行かなければなりません。

元請と下請の違いも説明してきましたが、下請よりも元請になる方がメリットも大きいのは明白です。請負金額を決められることや高い利益率を維持できるメリットは計り知れません。
今まで下請けとして工事を行ってきた会社でも、そんな元請になる方法は公共工事に参入していくことです。

公共工事で実績作り

公共工事であれば民間工事よりも容易に元請になることが可能です。
その為に必要なのは前提としての考え方で、「自社でも元請になれる」と考え行動することです。

公共工事コンサルティングに関してのお問い合わせ

まずは下請けとして公共工事の実績を作りたい法人様は、こちらから元請を探せます。
案件タンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です