墨出しとは?作業内容や道具も併せて紹介!

建築工事を進めていく際に欠かせない「墨出し」。
墨出しは建築工事の最初から最後までほとんどの作業に携わります。
全工程に影響が出る作業となりますので、非常に重要な役割を果たしています。

今回はそんな墨出しの内容や役割、進め方について解説します。

墨出しとは


地面や床、天井などに工事に必要な基準線を書き出す作業の事です。
これにより下絵のようなものが出来、工事をする際の基準となる為正確さが求められます。

「墨つぼ」という道具を使って、墨をつけた糸を伸ばしてはじくことで対象に直線を描くことから「墨出し」と呼ばれています。
近年では昔ながらの墨壷に加えて、マジック、レーザーを使った墨出し器も使用されており、昔ながらの墨つぼや墨出しの作業は減少しています。

墨出しの種類

墨出しには、以下の種類があります。

  • 陸墨(ろくずみ)…各階の水平の基準を示すためにの水平墨のこと
  • 芯墨(しんずみ)…柱や壁の中心位置を示す墨のこと
  • 返り墨…障害物があり墨が打てない場合などに、構造心や仕上げ面などから一定の距離を離
    して打つ墨のこと

墨出しで使用される道具

墨つぼ

材料の凹凸に影響を受けず、正しい直線を引ける道具です。
壺には墨を含んだ綿が入っていて、この中に糸を通します。そして墨糸をはじくと柱や壁に、直線が書けます。

墨差し

墨汁を用いて水平や垂直の基準線を描く道具で、短い直線の墨付けを行う際に使用されます。
主に竹で作られ、片端はヘラ状、もう片方はペン状のような形をしています。

セオドライト/トータルステーション

測量機にはセオドライトとトータルステーションの2種類あり、用途によって使い分けられています。

セオドライト

角度を測定する為のもので、1地点から他の2点間の水平角と高度角を測定する機械です。

トータルステーション

角度を測る為のセオドライトと距離を測定する為の光波測距儀を組み合わせたものです。距離と角度を同時に観測できて、平面的な位置を簡単に求められます。

セオドライトやトータルステーションには、望遠鏡を回転させて測量する機種と、電源を入れた瞬間から測量できる機種があります。

オートレベル/レーザーレベル

地面の高低差の測定や水準測量をする場合に使用されます。
通常のレベルとオートレベル/レーザーベルの違いは以下のようになります。

  • 通常のレベル・・・測量機を水平にして水平高さを測量
  • オートレベル・・・本体をある程度まで自動で水平に調整し、視準線を自動的に補正
    移動のたびに水平を合わせる手間が減るため、作業を効率化
  • レーザーベル・・・本体から光線を出し、受光器を用いれば一人でも測量が可能

下げ振り器

糸の先端に円錐形の重りをぶら下げ、垂直を確認する器具です。
地墨を打つ際や柱が垂直に立っているかを確認する際に使用されます。

差金(指矩)

L字型をしており、両方の辺に目盛りがあります。
長さや角度を測る為に使用します。

水平器

地面に対する角度や傾斜、水平具合を確認する為にに用いられます。

スケール

携帯型の巻き尺です。
メジャーとも呼ばれます。

墨出し工事の作業手順

建築工事の墨出し手順は、以下のような手順で行われます。

名称 内容
1.基本墨出し(親墨) 通り芯、レベル、コンクリート天端墨、下階からの墨の移動
2.型枠用小墨出し 躯体コンクリートの位置の表示
3.型枠建込中の墨出し 設備用箱、スリーブ、ルーフドレイン、インサート、アンカー、差筋、面木、目地棒の位置出し
4.鉄骨アンカーボルト アンカーボルト位置、レベル、ベースモルタル墨出し
5.鉄骨歪直し 鉄骨の垂直度、レベル等のチェック
6.躯体工事中のその他墨出し カーテンウォール、プレキャスト版等のファスナー、その他の埋込み金物等の位置、レベル出し、デッキプレート取付けの相番
7.仕上基準墨出し 陸墨、柱芯、壁芯の立上げ、開口部芯、階段返り墨、外部角のタテ墨
8.仕上細部墨出し 内外、各芯よりの返り墨、間仕切り墨、二重天井用墨、石・タイル墨、天井・床割付墨、金物取付用墨、等
9.設備関連墨出し 電灯器具取付用墨、各点検口墨、空調器具取付用墨、等

出典:一般社団法人横浜建設業協会「7.建設現場作業に関する共通事項」

墨出し工になるには?


墨出しを建設現場で行う「墨出し工」には、特に必要な資格はありません。
基本的にはベテランの元につき、見習いとしてスタートします。ほとんどの作業はペアを組んで行われますので、実作業の経験を積みながら、専門知識や必要な技術を習得して行きます。

墨出しがされていないと、施工現場での作業が進みません。
その為、責任感があり様々な測量機械に順応でき、関数や数字にも抵抗がにない人が求められます。

まとめ


建物を作って行くうえで、配置位置が間違うと全工程に大きな影響が出てしまいます。
スムーズな施工を目指すためにも、正確に墨出しを行いその後の施工に確実に繋げていくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です