施工計画とは?施工計画書を作成する際に便利なツール3つをご紹介!

「施工計画って何?」「施工計画書の書き方が分からない」という方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、施工計画についてや施工計画書を作成する際に便利なツールを3つ紹介していきます。

この記事を読むことで、読みやすく整えられた施工計画が書けるようになります。

施工管理志望の方や、施工計画書の書き方について知りたい方は、ぜひこの記事をご覧ください。

施工管理における施工計画とは?

施工管理における施工計画とは?

施工計画は建設工事の目的や施工方法など、工事に関する計画を立てることです。

建設工事を安全に行い、かつ品質を上げるためには、優れた施工計画が必要不可欠です。

施工計画では、以下のような事項を調査し決めていく必要があります。

【施工計画の内容】

  • 工事の目的・内容・契約条件等の把握
  • 現場条件(地形や気象、近接状況など)
  • 基本工程
  • 施工方法
  • 仮設備の選択及び配置

このように、建設工事の準備段階で行うのが施工計画です。

施工計画書とは?

施工計画書とは、施工管理者が立てた施工計画を書類にまとめたものです。

工事現場の人が工事の内容を理解し、計画どおりに進めていくために必要なものです。

施工計画書には以下の事項を記載する必要があります。

【施工計画書に記載する基本的な内容】

  • 工事概要
  • 計画工程表
  • 現場組織表および施工体系図
  • 安全管理
  • 指定機会
  • 主要船舶・機械
  • 主要資材
  • 施工方法
  • 施工管理計画(工程管理計画、品質管理計画、写真管理計画、段階確認計画)
  • 段階確認
  • 安全管理
  • 安全・訓練の活動計画
  • 緊急時の体制及び対応
  • 交通管理
  • 環境管理
  • 現場作業環境の整備
  • 再生資源の利用の促進と建設副産物の適正処理方法
  • イメージアップの実施内容
  • その他

このような事項を盛り込んだ施工管理書を書く必要があります。

施工計画書を作成する際に便利なツール3つ

施工計画書を作成する際に便利なツールを3つ紹介します。

【施工計画書を作成する際に便利なツール3つ】

  • 日本建設業連合のExcelテンプレート
  • 施工計画書作成支援システム
  • EX-TREND武蔵(エクストレンド武蔵)

1つ1つのツールの特徴について、詳しく解説していきます。

一からの作成が面倒なら「日本建設業連合のExcelテンプレート」

エクセルで一から作成するのが面倒だと思われる方は、「日本建設業連合のExcelテンプレート」がおすすめです。

テンプレートを少し変更すれば、工事に合わせた施工管理書が作成できます。

Excelテンプレートを使えば、施工計画書作成の時間を短縮可能です。

一般財団法人 日本建設業連合会 施工計画書ひな形集

イラスト付きの施工計画書を作りたいなら「施工計画書作成支援システム」

イラスト付きの施工計画書を作られる場合は、「施工計画書作成支援システム」がおすすめです。

イラストが多いと、現場作業員が視覚的に工事内容を理解できます

こちらのシステムでは、作成したデータをマスターとして登録可能など、便利な機能が豊富です。

限られた時間で、綺麗な施工計画書を作りたい方におすすめです。

システム名 施工計画書作成支援システム
対応OS Windows
プロセッサ Intel Core i3 もしくは互換プロセッサ2GHz以上(Core i5以上推奨)
料金 要お問い合わせ
機能 イラスト付きの施工計画書の作成が可能
HP https://www.kentem.jp/products/constplan/

文章チェックがしたいなら「EX-TREND武蔵(エクストレンド武蔵)」

誤字脱字や表現のミスをチェックされる場合は、「EX-TREND武蔵」がおすすめです。

誤字脱字が多いと評価を下げることに繋がりますので、チェックは徹底してください。

EX-TREND武蔵なら、「です」「ます」調が統一されているかなどを自動で確認してくれます。

文章のミスが多く、よく指摘される方に、EX-TREND武蔵はおすすめです。

システム名 EX-TREND武蔵(エクストレンド武蔵)
対応OS Windows
プロセッサ Core 2 Duo 以上
料金 要お問い合わせ
機能 スペルチェック機能あり
HP https://const.fukuicompu.co.jp/products/extrendmusashi/plan.html

施工計画書を作成する際のポイント5つ

施工管理計画書を作成する際のポイントを5つ紹介します。

【施工計画書を作成する際のポイント5つ】
 

  • 施工計画書の内容を事前に確認する
  • 実行できない計画書は作らないようにする
  • 誰が読んでも分かりやすい施工計画書を作成する
  • 手戻りにならないように施工の要点を明確にする
  • イメージアップ(地域貢献)に力を入れすぎない

1つ1つのポイントについて、詳しく解説していきましょう。

施工計画書の内容を事前に確認しておく

施工計画書の書き方がマニュアル化されている為、内容を理解しないまま作成を進める施工管理者がいます。

内容を理解せず書くと、施工方法が実際の工事と異なるなど、問題が生まれる可能性があります。

さらに、問題が発覚しないまま工事が進むと、後から取り返しのつかないことになります。

そのため、施工計画の内容は事前に把握した上で書くようにしましょう。

実行できない計画書は作らないようにする

施工計画書の出来は、工事成績評定の点数にも影響してきます。

評価を上げようと、つい実行できない過度な計画書を作ってしまいがちです。

当然、実行できない計画書は意味がありません。

実現可能かどうか吟味しながら、施工計画書を書きましょう。

誰が読んでも分かりやすい施工計画書を作成する

分かりにくい施工計画書は、スムーズに工事を進めるための妨げになります。

分かりやすくするためのコツは、文章の「5W1H」を意識することです。

【5W1H】

  • 誰が
  • いつ
  • どこで
  • 何を
  • なぜ
  • どのように

以上の「5W1H」の情報が、きちんと入っている書類は読みやすいです。

文章を書くのが苦手な方も、こういった方法で分かりやすい施工計画書を作成できます。

手戻りにならないように施工の要点を明確にする

施工計画書を書き慣れていないと、手戻りが発生することもあります。

手戻りを増やさないように、以下の3つの事項を最低限確認しましょう。

 

  • 工事の方法や必要事項の記載が不明確
  • 指定されたフォーマットが使用されていない
  • 記載内容の意図や効果が判断できない など

施工の要点を明確にして、手戻りが発生しないようにしましょう。

イメージアップ(地域貢献)に力を入れすぎない

施工計画書の「現場作業環境の整備」には次の項目があります。

【現場作業環境の整備項目】
 

  • 仮設関係
  • 安全関係
  • 営繕関係
  • イメージアップ対策の内容
  • その他、必要事項

工事成績評定の点数を上げようと、イメージアップばかりに力を入れる人がいます。

しかし、「現場作業環境の整備」を書く目的は、作業員が快適に作業するためでもあります。

そのため、作業員の働きやすさ改善と地域貢献をバランスよく考慮して書きましょう。

まとめ:施工計画をしっかりと立てて安全に工事をしよう!

本記事では施工計画について解説しました。

もう一度、施工計画書を作成する際に便利なツールをおさらいしましょう。

【施工計画書を作成する際に便利なツール3つ】

  • 日本建設業連合のExcelテンプレート
  • 施工計画書作成支援システム
  • EX-TREND武蔵(エクストレンド武蔵)

施工計画をしっかり立てることは、作業員の安全を守る上でも大切です。

施工管理を目指す方は、本記事を参考により良い施工計画書作成を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【無料】協力会社・公共工事案件が探せる
公共工事専門マッチングサイトは案件タンク!
公共工事案件が探せる!
今なら無料で3件迄マッチング