建築施工管理技士の平均年収は?年代や地域別に分けて徹底解説!

建築施工管理技士とは建築現場における現場の管理を主に行う仕事です。
施工管理技士の募集が増えているため、興味を持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし「建築施工管理技士って一体いくら稼げるんだろう?」「現場管理ってきつい仕事と聞くけど実際どうなんだろう?」など、中々踏ん切りがつかない方もいるのではないでしょうか。

今回は建築施工管理技士の平均年収について年代別や地域別など様々な比較で見てみます。
仕事内容や年収のアップ方法も紹介していきます。

建築施工管理技士の平均年収について


建築施工管理技士の平均年収は約470万円であり、日本全体の平均年収と比較すると高めです。
更に詳しくみていくため、未経験者と経験者の差や年代別での平均年収、地域別での平均年収、1級と2級の資格差での平均年収を比較していきましょう。

未経験者と経験者の差

どんな職種でも同じことですが建築施工管理技士の世界でも未経験者と経験者での年収の差はあります。
入社間もない頃は月給が初任給とあまり変わらないため、年収も低めですが、勤続年数が増えれば増えるほど徐々に基本給も上がり、結果として年収も上がっていきます。

勤続年数
平均月給 平均年収
2年目 20〜25万円 260〜325万円
10年目 30〜40万円 390〜520万円

年代別の平均年収

年代別でみると20代では約360万円、30代で約450万円、40代で約530万円、50代で約550万円、60代で約400万円となっています。

50代までは年々上がり続ける傾向にありますが60代では下がる傾向にあります。
これは60代で定年を迎える方も増え年収が減少していることが分かります。

地域別の平均年収

地域ごとでも施工管理の平均年収に違いがあります。
最も平均年収が高いのは関東の約510万円で次いで関西の約490万円、そのほかの地方はそこまで変わらないことが分かります。

1級と2級の年収の差

2級建築施工管理技士の資格保有者の平均年収は350〜450万円1級建築施工管理技士の資格保有者の平均年収は460〜550万円ほどです。

1級と2級では毎月付与される資格手当の違いや、責任の大きさなどで年収に差が出ます。
また、2級建築施工管理技士の保有者は1級と比較して若手が多いことも年収の差が生まれる要因の1つです。

建築施工管理技士の仕事内容とは


それでは、実際に建築施工管理技士の仕事内容について具体的にどういったことを行うのかについて解説していきます。
基本的に施工管理とは現場を安全に工期通りに品質良く無駄のない順序で終わらせるための計画をし、計画通りに実行させていくことが仕事です。

しかし、建築現場は様々な業種の人々と関わり合いながら出来上がっていくものなので、必ずしも計画通りに進んでいく訳ではありません。
よって現場内の人々との折衝を行いつつ現場を納めていくことが重要です。
以上を踏まえ施工管理に求められるスキルは以下のものが挙げられます。

計画し計画通りに行うためのマネジメント力

施工管理の仕事の大半を占める、現場の流れを計画するということは現場を進める過程をマネジメントするということです。

ここを納めるための最良の方法を何度も考え想定し、計画通りになる確率を上げ、その計画通りに指示を出し工事を成功に導くことが仕事です。

想定外の出来事への対応力

現場は各業者との連携で作り上げていくものであるため、計画通りに進まず、頭を悩ませてしまうことも多々あります。
そういった状況下でもパニックに陥らず適切な指示を出すことで例え大きな問題が発生しそうになっても事なきを得ることがあります。

施工管理技士として想定外の出来事に対する対応力は、現場内でのクレームを起こさせないスキルと言えるため、とても重要です。

人と人との関わりを円滑にするコミュニケーションスキル

対応力にも繋がるとも言えますが現場では様々な人が関わっているため、日々のコミュニケーションは大事となります。
コミュニケーションを図ることでいざという時に連携をとれるようになるのです。

日々の業務連絡だけでは無く、何気ない会話などで場が和んでいる現場は連帯感が強く、結果としていい建築物が出来上がることに繋がります。

<働き方について>

建設業界の働き方は、今の時代の働き方と比較して遅れていると言われています。
残業が当たり前であり週休も1日という現場が多くあります。

これは建設業には工期という施主との契約期間があり、この工期内に現場を完成させなければならず、結果として工期に合わせ工程を組む事になります。
工期自体とても短く、特に公共事業などに至っては厳格に定められているため、本来であれば週休2日としたいところを仕方なく週休1日として作業日を稼ぐという事態となっています。

また建設現場での必要書類は膨大であるため、施工管理は日々書類作成に追われています

しかし、現在国交省、厚労省などの働きにより建設業界の働き方の見直しがなされており、今後他産業と同等程度の働き方へと変わっていくことが予想されています。

資格を取得するメリットとは


建築施工管理技士の資格は国家資格です。
よって社会的にも認められており、資格取得により得られるメリットも色々ありますが、今回は2つほど紹介します。

より重要なポジションでの仕事を経験できる

建築施工管理技士の資格を取得することで2級であれば「主任技術者1級であれば「監理技術者の立場として現場へ就くことが出来ます。
これらは有資格者でなければなることが出来ない、重要なポジションであり、必然的に責任も大きくなります。
やりがいや達成感を大きく感じることが出来、問題解決力などのスキルも身に付くので自身の成長を飛躍させることが出来る大きなメリットです。

転職時に有利に働く

建設業界は現在技術者の人手不足により、施工管理技士を多く求めています。
中でも監理技術者は1級施工管理技士にしか就くことが出来ないポジションであるため、不足状態にあります。
よって1級建築施工管理技士の有資格者は貴重な人材であり、多くの企業が必要としているため1級建築施工管理技士の有資格者であれば転職時には給与交渉などスムーズに進むことがあります。

建築施工管理技士の年収をアップするためには


ここまで建築施工管理技士の年収について解説してきましたが、
建築施工管理技士としてもっと年収を上げたいと思う方もいると思います。
ここでは更に年収をアップさせるにはどういった方法があるかを紹介します。

1級の資格を取得する

これは2級有資格者に限った話ですが1級の資格を取得することで年収を上げることが可能となります。

一般的な企業では建築施工管理技士などその会社にとって有益な資格を保有していることで資格手当として毎月現在の給与にプラスして支給されることがあります。
2級ではおよそ2,000〜5,000円ほどですが、1級では5,000〜10,000円程度が相場となっており、資格を取得するだけで年収がアップします。

転職をする

今の年収に満足をしていないのであれば転職を考えるのも有効な手段です。
特に1級の有資格者ともなればどの企業も欲しい人材となります。
きちんと希望年収を提示しそれ以下であれば他社に行くという意思を示すことで年収アップの確率も上がります。

1級施工管理技士はそれほど人手が足りていません。

まとめ


建築施工管理技士の平均年収について解説しました。
日本人の平均年収はおよそ430万円ほどと言われていますので平均年収よりも高めです。
中には1,000万円を超す年収の建築施工管理技士もおり、実力次第でどんどん年収も上がる業界です。
今回の記事で施工管理の世界が少しでも見えたと感じて頂けましたら幸いです。

建築施工管理技士の資格を活かした転職には

資格や経験を活かして、より活躍できる舞台をお求めの方は、建設Myキャリアの無料転職支援サービスをご利用ください。
あなたの希望や意向をもとに、最も活躍できる企業をご提案致します。
施工管理の求人をはじめ、多様な求人のご紹介が可能です。
是非一度、ご相談ください!
建設Myキャリアで無料相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です