エキスパンションジョイントとは?役割や種類、施工方法などについて解説!

建物には必ずと言っていいほど取り付けられている「エキスパンションジョイント」
一般の方にはあまり馴染みのないものかもしれませんが、私たちが快適に建物を利用できているのは、このエキスパンションジョイントのおかげでもあります。

本記事では、エキスパンションジョイントの概要や役割、種類、どのような建物に必要なのかなどについて解説します。
ぜひご参考にしてください。

エキスパンションジョイントとは

エキスパンションジョイントとは、直訳すると「伸縮継手」です。
建物には、地震の揺れや温度変化による伸縮など、様々な力が加わっています。
そのような力から建物を守るために、建物の周りや、建物と建物の間などにすきまを設けています。
その「すきま」を継ぎ、カバーするのがエキスパンションジョイントです。

建築物外壁や、内部の廊下や床、天井や壁を一周する金属の板にエキスパンションジョイントが活用されています。

エキスパンションジョイントの目的

前章でもお伝えした通り、エキスパンションジョイントは様々な力から建物を守るための「すきま」を継ぎ、カバーするものです。
そのような「すきま」を繋ぐ目的は以下の通りです。

  • 構造の違う建物の躯体の一体化
  • 建物全体の安全の確保
  • 建物の劣化の回避

エキスパンションジョイントは構造の違う建物の躯体を一体化させる役割があり、地震や温度変化による変形を埋めることができます。
地震の揺れや温度による建物の変化はコンクリートのひび割れや外壁の損傷の原因になります。

エキスパンションジョイントには、そのような建物の劣化を防ぐ効果があり、建物全体の安全を確保することに繋がります。

クリアランスとは

エキスパンションジョイントについて調べていると、しきりにクリアランスという用語が出てきます。
このクリアランスとは一体何でしょうか。

クリアランスとは、前述でお伝えしていた、様々な力から建物を守るための「すきま」のことです。

繰り返しお伝えすると、様々な力から建物を守るための「すきま」をクリアランスと呼び、そのクリアランスを繋ぐものがエキスパンションジョイントです。

エキスパンションジョイントの種類

エキスパンションジョイントは素材・用途の違いで、以下の3種類に分類されます。

  • 樹脂製
  • ステンレス製
  • 免震構造用

それぞれの特徴と使用箇所は以下の通りです。

種類 樹脂製 ステンレス製 免震構造用
特徴 高い意匠性 高い耐荷重性 免振装置による地震の揺れを吸収する
使用箇所 ・マンションなどのベランダの目隠し
・建物内部の渡り廊下の壁面や天井の継ぎ目
・緊急車両の通過する車路
・多層駐車場
・渡り廊下の接続部分
・外部廊下の手すり

エキスパンションジョイントはどのような建物で必要なのか

エキスパンションジョイントを必要とする建物は、主に3つの種類に分けられます。

  • 構造的な特性が異なる複数の躯体を一体化する建物
  • 複雑な平面形や、平面が長大な建物
  • 免震建築

構造的な特性が異なる複数の躯体を一体化する建物

階数が極端に違う2棟の一体化、増築する建物、鉄筋コンクリート(RC造)と鉄骨(S)造の躯体の一体化、異なる基礎や杭に載せた躯体の一体化などが該当します。

複雑な平面形や、平面が長大な建物

L字形などの複雑な平面形の建物は、地震時の揺れが複雑になるので、整形な躯体に分けてシンプルな構造とし、それぞれの隙間をエキスパンションジョイントでつなぎます。

また、平面が長大な建物は、不均質な地盤や、熱による伸縮を大きく受けやすいので、適切な箇所で躯体を分け、それぞれの隙間をエキスパンションジョイントでつなぎます。

免震建築

地震の揺れを減衰する免震構造の部分と地盤面や非免震部分をエキスパンションジョイントでつなぎます。

エキスパンションジョイントの施工方法

エキスパンションジョイントの施工方法を解説する上で、基本として理解していただきたいことは、クリアランスの「屋内」と「屋外」の双方にエキスパンションジョイントを取り付けるということです。

屋内におけるエキスパンションジョイントの取り付け

クリアランスを覆い、利用者の安全を確保するため内部が直線になるようにします。
柱部分や床部分はつなぎ目の段差をなくし、快適性を追及します。
このように、屋内での取り付けにおいては、利用者の安全や快適性を重視します。

屋外におけるエキスパンションジョイントの取り付け

屋外のエキスパンションジョイントは、クリアランスに沿って途切れることなく取り付けるのが基本です。
このエキスパンションジョイントは、雨風や火災などから建物を守る機能もあります。

まとめ

本記事では、エキスパンションジョイントの役割や種類などについて解説しました。
街中で見かける建物には基本的に取り付けられており、建物全体の安全性や劣化回避の役割を持つ重要な部材になります。
しっかりとエキスパンションジョイントに役割などを理解し、正しい知識を取り入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です