ボイラー技士とは?種類や資格、将来性について解説!

熱源機器と呼ばれるボイラーは、膨大なエネルギーを扱う為正しく扱わなければ非常に危険となります。
そのためボイラーを扱う資格として、ボイラー技士という資格があります

本記事ではボイラー技士の資格概要や受験資格についてお伝えし、資格を活せる仕事などについてもご紹介します。

ボイラー技士とは


ボイラー技士とは伝熱面積が3平方メートル以上あるボイラーにおいて、管理・点検・修禅などを行うことができる国家資格です。
伝熱面積とは、熱エネルギーが伝播する面積の事を指します。
つまりビルや工場などの施設における給湯施設を点検したり、整備し修繕するための資格がボイラー技士です。

ボイラーは火気や高温ガスを利用して、熱エネルギーを生み出します。
そのため専門的な知識と技術がなければ、非常に危険が伴います。

ボイラー技士という資格は、施設の安全と事故防止のためには欠かせない存在と言えます。

ボイラー技士の種類3つ

2級ボイラー技士

一般的な給湯器や冷暖房設備などを扱うための資格です。
伝熱面積は25平方メートル未満のボイラーの扱いが可能になる資格です。

受験資格に制限はなく、誰でも受験可能です。

1級ボイラー技士

1級ボイラー技士では扱う事ができる伝熱面積が、25平方メートル以上500平方メートル未満までとなります。
規模の大きなボイラーを扱う事が出来るようになります。

資格試験には以下の受験資格のいずれかを満たす必要があります。

1. 2級ボイラー技士免状取得者
2. 大学・高専・高校でボイラーに関する学科を修めて卒業し、1年以上の実務経験がある者
3. 熱管理士免状もしくはエネルギー管理士(熱分野)を有しており、1年以上の実務経験がある者
4. 海技士(3級海技士(機関)以上)の免状を有する者
5. ボイラー・タービン主任技術者(1種・2種)の免状を有し、伝熱面積の合計が25平方メートル以上のボイラー取扱経験者
6. 保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積合計が25平方メートル以上の取扱経験者

特級ボイラー技士

特級ボイラー技士は全てのボイラーを扱う事が可能になる資格です。
1級ボイラー技士が扱う事ができない、伝熱面積500平方メートル以上のボイラーを設置している大規模なプラントなどで活躍する事ができます。

ボイラー技士になるためには


ボイラー技士になるためには、主に2つの方法があります。

・大学や専門学校の設備工学科でボイラーについて学ぶ。
・通信教育で学ぶ。
資格のステップアップには実務経験が必要となります。

まずは受験資格に制限のない2級ボイラー技士の取得から目指すのが良いでしょう。

ボイラー技士の資格が活かせる仕事


ボイラー技士の資格を取得すると、どのような仕事で活躍する事が出来るのか紹介します。

1.ビル設備管理

ビルの設備にはボイラーが活用されています。
ビルの規模に関係なく、給湯設備や空調設備にボイラーが利用されています。
そのためビルメンテナンスや設備管理では、ボイラー技士が活躍できるため資格が活かせる環境と言えます。

2.施設ボイラー管理

病院やホテルなど、多くの人が宿泊するような施設ではボイラーが利用されています。
その為、このような施設ではボイラーのメンテナンスや維持管理が必要になります。

3.建設設備

ボイラーを設置する建設工事では、ボイラー技士の立ち会いが必要になります。
またボイラーの設置に関して、その専門的な知識と技術を活かし設置する位置や、配管ルートやどのようなボイラーの種類を設置するかといった見立てをします。
こうしたことから建設会社においてもボイラー技士は活躍できるのです。

ボイラー技士の将来性


近年は都市部での施設規模が大きくなる傾向があり、それに伴って導入される設備規模も大型化しています。
そのためボイラーについても大型ボイラーが導入されており、1級や特級ボイラー技士の資格が重要視されています。

まずは2級の資格を取得し、実務経験を経て1級や特級を目指す事で安定したキャリア形成を実現できます。

まとめ


マンションやビル、病院やホテルなどさまざまな施設でボイラーは利用されています。
ボイラーが利用されている施設は全て、ボイラー技士が活躍できるフィールドとなります。
今後もボイラー技士が活躍できる施設は無くならず、常にその需要はあると言えます。

まずは2級の資格から取得し、上位資格へステップアップしキャリアアップしていくことでその資格価値も大きくなります。
上位資格を取得することで、好条件で就職する事も可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です