一人親方の年収はいくら?年収1,000万円を達成するには?

一人親方とは、主に建設業で会社に属さず、また従業員を雇用せず個人事業主として生計を立てている職人です。

今回は一人親方の年収について紹介します。
業種ごとの平均年収や年収を上げる方法について詳しく解説するので、一人親方の収入を詳しく知りたい方は必見です。

一人親方とは?


一人親方とは個人事業主のひとつで、労働者を雇用せず個人で事業を行う事業主です。

一般的に「一人親方」と言えば建設業や林業に携わる労働者を雇用しない事業主を指します。
その他の職種で同じ形態の事業主を指す「一人親方等」という言葉も存在します。
個人タクシー運転手などの仕事が該当します。

仕事のレベルによっては、一人ではどうしても出来ない場合には応援を呼ぶことも出来ますが、年間で99日以内までと決められています。

常に人を雇用する場合は一人親方ではなく、個人事業主となります。

一人親方の平均年収について


まず、一人親方の年収とは年間の報酬です。
会社員であれば給料となり、給料から自動的に毎月の各種保険料や税金が引かれ、残った金額が手取りとして支給されますが、
一人親方の場合は自動的に差し引かれることなく、報酬の全額を受け取る事になります。
よって各種保険の支払い、税金の納付など全て自分で行わなければなりません。
ここからの年収については全て、差し引かれる前の金額を示します。

建設業の報酬体系としては2種類に分かれます。
請負と常用です。

・請負
成果物に対して支払われる報酬です。
自分次第で赤字にも黒字にもなり、効率的にこなせれば儲けも多くなります。

・常用
1日を計算単位として日当を定め、毎月1回まとめて支払われます。
日当の平均は同じ建設業でも業種により異なりますが、約15,000〜20,000円前後が一般的です。
これらから、一人親方全体の平均年収は400〜650万円前後となっています。

業種毎の一人親方の年収について


建設業には業種が多くあり、同じ建設業と言っても業種によって年収も変わってきます。
ここからは業種ごとの一人親方の年収について解説します。

大工の年収

常用での年収は600〜800万円程です。
大工は主に木造住宅の構造を組み立てる仕事が多くあり、人手が必要です。
一人親方であれば、ほとんどが知り合い大工の手伝いなど、常用での報酬が多いです。

請負大工として元請けになることが出来れば、その分収入も上がります。
ただし、トラブルなどが発生し下がる場合もあります。

給排水配管工の年収

年収は400〜700万円程です。
住宅などの水回りの配管を行う設備配管工は、一人親方として独立しやすい業種です。
戸建住宅程度の配管であれば、人を使わずに一人で完結することも可能だからです。

しかし水を扱う仕事のため、施工ミスによる漏水などで、損害賠償が発生する可能性もあるのでリスクも高いです。

電気工事士の年収

年収は400〜600万円程です。
電気工事士の仕事は様々です。
常用で配線工事を行ったり、請負で戸建住宅のエアコンや換気扇の取り付け、配線などが可能となります。
配線をするには資格が必要となるため電気工事士の仕事は多くあります。

土木工事業の年収

年収は350〜600万円程です。
土木工事業はとても仕事内容の幅がとても広く、道路工事、河川工事、ダム工事など様々です。
重機などをメインに扱う仕事のため車両関連の資格がないと正直年収はあまり期待出来ません。
クレーンや土木施工管理技士など資格を取得することで自ずと年収も上がります。

とび職の年収

年収は500〜800万円程です。
建設現場での足場の設置や鉄骨建方など、高所での作業がメインとなるとび職は建設業の中でも日当が高めに設定されており、日当20,000円を超えることもあります。

しかしとび職の一人親方は足場を組めるだけではなく、足場設置計画を作成できる知識や安全への考慮が出来るかなど、求められるスキルを有していなければいけません。

年収ランキング


一人親方で年収を上げるにはやはりどれだけ休みを減らし、仕事を確保出来るかが重要です。
ここからは2021年現在、年収を上げやすい業種のランキングを紹介します。

1位 クレーンオペレーター

一人親方で最も年収が高い職種はクレーンオペレーターです。
建設現場で大きなクレーンを操縦する仕事ですが、資格と熟練度が必要な職種のため、オペレーター自身の絶対数が少なく現場での需要は高いです。
日当も多い場合には30,000円程度になることもあります。
休みを減らし、日々仕事をこなすことが出来れば年収700万円を超える事も可能です。

2位 大工

2位は大工です。
大工は建物全体で絡む仕事が多いため、自分で仕事を請けてくる事が出来れば、安定的に収入を得られます。
またリフォーム需要の高まりから現在、大工工事は豊富にあります。

3位 とび職

3位はとび職です。
こちらもやはりリフォーム需要から、外壁の改修工事が豊富のため、人材も足りていないことから常に仕事があふれている状況のため、収入を上げやすいです。

4位 クロス工

4位はクロス工です。
クロス工も現在、リフォーム需要の高まりから戸建住宅を中心に仕事が多くあります。
またクロス工は、作業場所が室内という事もあり、昼夜を問わず仕事が出来る環境である事が強みです。

5位 設備工

5位は設備工です。
戸建てリフォームの際はトイレや洗面化粧台などの住宅設備も一新することも多く、
また古くなった配管を更新する、ボイラーを交換するなどといった設備に関わる工事も多くあります。
そういった事からも設備工の需要は高いです。

年収1,000万円を目指すために、年収を上げる方法


一人親方は行動次第で自分の年収を上げていけます。
ここでは年収を上げていくにあたって具体的な方法について解説します。

営業力を身に着ける

一人親方は経営者です。営業をせず待っているだけでは仕事を獲得する事は出来ません。
また営業先は1社に絞らず数社に分散する事で、常に仕事がある状態を保ちましょう。
例え1社の仕事量が減ったとしても、リスクが分散する事が出来ます。

必要資格は惜しまず取得

建設業では資格がものを言う事が多々あります。
そもそも資格がなければ出来ない仕事もあり、有資格者は優先的に仕事が回ってきます。

また資格で日当が上がる事もあるので、関係資格は惜しまず取得する事をおすすめします。

日々、行動を続ける

経営者たる者、常に考え行動し続けなければ成果には近づけません。
思考を停止し、停滞していては収入が上がっていく事はまずありません。
日々、思考し行動を続けていく事が年収アップへの近道です。

まとめ


今回は一人親方について解説しました。
一人親方は会社員とは違い、自分次第で年収を上げていくことが出来る反面、全てにおいて自己責任の世界です。

考えて行動することで年収1,000万円も充分に可能な夢のある仕事です。
闇雲に日々の仕事をせず、常に自分の仕事に興味を持って行動していきましょう。

施工管理の求人を探すには

資格や経験を活かして、施工管理で転職をお考えの方は、建設Myキャリアの無料転職支援サービスをご利用ください。
転職活動における当サービス独自のノウハウを特別にお伝えします。
業界唯一の伴走型エージェントが、全国各地の1,000件以上ある施工管理の求人から最適な求人をご紹介します。
是非一度、ご相談ください!
▷▷無料で施工管理の求人を探す◁◁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【無料】建設業での転職を徹底サポート
あなたに寄り添う伴走型転職エージェント
建設業特化:転職サポート
あなたに寄り添うエージェント