施工管理もホワイトな環境で働けるの?ホワイト企業の見分け方も解説!

施工管理の働き方はブラックだと言われるのは、残業が多くて休日は少ないためです。
昨今では、働き方改革により施工管理でもホワイトな環境で働くことが可能になってきています。
では、施工管理のホワイトな働き方とはどのような働き方でしょうか。
ホワイト企業の特徴やそのような企業に勤める方法などもご紹介いたします。

ホワイトな施工管理とブラックな施工管理の違い

施工管理において長時間労働と休日の少なさが問題になっている中、そうした職務環境の悪さを「ブラック」だと表現することが増えました。

一方、職務環境が良い場合は「ホワイト」と表現され、適性な範囲内の残業であったり、土日の休みが確保されていたりする環境を指します。

施工管理における職務環境の良し悪しに対する表現の違いを把握した上で、具体的な特徴について紹介します。

施工管理職におけるホワイト企業の特徴

施工管理職を務めるにあたり、ホワイト企業に入りたい場合はどういった企業を選ぶべきでしょうか。
ホワイト企業の特徴を3つご紹介しますので、求人情報や転職エージェント経由で確認してみると良いでしょう。

適正な残業時間と休日を確保している

建設業は他業種と比べて残業時間が長く、休日も少ないという企業が多くあり、施工管理も例外ではありません。
そのため、残業時間を法定の範囲内にするために改善に取り組み、週休2日制や夏季・冬季の休暇の確保に努めている企業はホワイトであると言えます。

建設業全体の現状として、品確法の改正により公共工事の発注者は休日などを考慮した適正な工期設定と施工時期の平準化に取り組むよう努めているという背景があります。
その一環として、施工現場では4週8休以上を確保するように週休2日を推進するためのポスターを設置し、ホワイトな環境作りが進んでいます。

適正な工期を確保している

ホワイト企業は建設工事における工期の設定において、無理のない期間を設定しています。
また、工期に余裕があると有給休暇の取得もしやすいというメリットもあります。

適正な工期を確保する理由として、公共工事の受注者は受注する際に著しく短い工期の請負契約の締結は禁止されているという基本的な責務があるのも理由として挙げられます。
そのため、工期の設定が適正である企業はホワイトである可能性が高いです。

最新技術を取り入れている

ドローンや重機などのICT建設機械を積極的に取り入れており、業務の効率化を進めている企業はホワイトである傾向があります。
施工管理者への業務の負担を減らすだけでなく、並行して質の良い建設物を作る上では最新技術を取り入れることが欠かせません。

例えば、ICTを活用して出来高管理をすることで工期が3割短縮できたという企業や、遠隔で監督・検査を取り入れたことで立会の時間を削減したという企業があります。
また、DX (デジタルトランスフォーメーション)により、工程管理におけるスケジュール確認や事務作業を電子化することで効率化を図るという取り組みも進んでいます。

こうした取り組みがあるか企業情報などで確認しましょう。

施工管理職でホワイト企業に勤める方法

ホワイト企業の特徴を確認した上で、どうすればそのような企業に勤めることができるかの手法を4つ紹介します。

ゼネコンで働く

スーパーゼネコンなどの大手企業の場合、残業の規制などが整いつつあるためホワイトな環境下で勤められる可能性があります。
ゼネコンが残業を規制する理由として、労働基準法改正により原則で月45時間 (年360時間)という残業時間の制限が課されており、2024年4月以降は違反すると罰則が科せられることが挙げられます。

働く環境の改善を進めているゼネコンに勤めるのも手法の一つです。

求人情報を精査する

ホワイト企業を見極めるには求人情報を精査するのも手法の一つです。
年間休日数や残業時間の詳細、年収といった基本的な項目だけでなく、業務効率化や人材育成についての取り組みなども調べるようにしましょう。

求人情報だけで分からない場合はあらかじめ質問をしたり、直接聞きづらい場合は転職エージェントを利用するのも一つの手です。
また、求人情報が長い期間掲載されていたり、売上高が空欄になっているという場合は職務環境などが怪しい可能性が高いため注意しましょう。

地方で働く

都内や人口集中都市では大規模で複数の工種が関わる複雑な工事や、小さな工事を複数掛け持ちしなければならない場合があります。
そうした場合は勤務時間が超過する傾向があるため、地方で働くのも選択肢の一つです。

小規模でゆとりのある工期の施工現場で働くことでホワイトな環境下で務めることができるかもしれません。
そのため、Uターン・Iターン転職をするのも視野に入れてみましょう。

最新技術に関する支援室がある企業で働く

施工現場に最新技術を取り入れている企業は業務効率化や安全性を考慮したホワイトな環境下である可能性があります。

例えば、最新技術であるICTやDXを取り入れている企業には、3Dレーザースキャナーを使って橋脚の出来高管理をしたり、電子黒板やタブレット端末を導入していたりする事例があります。
そうした新しい技術を取り入れているか事前に調べたり、DXやICTなどに関する支援室や推進部などを設けている企業かどうかを確認しましょう。

ただし、部門を設けたばかりの企業は最新技術を活用しきれてはいなかったり、現場は「忙しくて新しい技術を推進できていない」という場合もあるので注意しましょう。

施工管理でホワイト企業のまとめ

施工現場の規模が大きすぎず、掛け持ちをしなくても良い施工現場であれば無理な残業や休日出勤を避けてホワイト企業で働ける可能性が高いということがわかりました。
また、工期短縮・業務効率化を図るためにICTやDXなど最新技術を取り入れているかもホワイト企業かどうかを見極めるポイントです。

一方で、ホワイトな企業でも残業が全く無いわけではありません。
工期が差し迫っている時や、設計ミスによる変更作業が入ったりする場合などは残業が多くなります。
そうした時期もあると認識した上で長く勤める会社を見つけられると良いでしょう。

まとめ

一般社団法人「日本建設業連合会」の調査によると建設業の労働時間は他の業種と比べて1.2倍の年320時間ほど長い傾向があり、施工現場において4週8閉所ができているのは3割ほどしかありません。
そのため、ホワイト企業を見つけられる割合も少ない中、適切な情報を得られるよう努める必要があります。

本記事が、施工管理者として竣工時の達成感を味わい、専門的なスキルを身に付けて成長していけるようホワイトな環境下で働くための参考となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です