施工管理の転職を成功させるには? オススメの時期や狙うポイントを解説!

現場監督や施工管理の仕事をしていて、転職をする場合のベストなタイミングについて考えたことはないでしょうか。
今回は転職を成功させるうえで、オススメの時期狙うポイントを解説していきます。

転職しようと考えている人や、今後検討していこうと考えている人の参考になる記事となりますので最後までご覧ください。

転職にオススメの時期について


現場監督や施工管理の仕事は現場単位で仕事が動いているため、現場が竣工するタイミングを狙うのが基本的に良いでしょう。

しかし求人状況には変動があり、転職活動はタイミングを考えて行うのが良いです。
企業の募集状況にもタイミングがあり、経験者と未経験者ではベストなタイミングがやや異なりますので注意が必要です。

経験者が転職する場合

・求人数が増加する時期 : 2月〜3月、8月〜9月
経験者が転職をする際は、求人数が増加するタイミングで転職活動をするのが良いです。
と言うのも施工管理職の経験者は、即戦力として活躍が期待できるため多くの企業が常に求めているのが現実です。
そのため求人数が増えるタイミングであれば、採用条件の良い企業を選ぶことができます。

経験値や資格を所持している即戦力採用では、自身の価値を最大限高められる時期に転職活動をする事がオススメです。

未経験者が転職する場合

・繁忙期後の閑散期 : 4月〜6月
未経験者が転職する場合は求人数が増える時期ではなく、繁忙期を終えた閑散期を狙う方が良いです。
それは未経験者が転職する場合、教育に時間が割けるタイミングを狙う方がメリットがあるからです。
企業が人材を採用する理由としては、育成採用枠と即戦力採用枠に分かれます。

そのため即戦力採用を求めている時期に、未経験者が応募しても採用されにくくなります。
また採用された場合でも育成教育に手が回りにくいため、仕事を教えてもらいにくい環境となります。

転職するための必要な経験値について

・20代の若手であれば、ポテンシャル採用

20代などの若手は経験値と実績がまだないことは企業も理解しています。
そのため今後の活躍に期待してのポテンシャル採用を行います。

その為、企業や仕事に対する熱意情熱の高い人材を採用する傾向が高いです。

・30代以降であれば実績と資格が求められる

30代以降の中堅と呼ばれる世代では、未成熟ながらある一定の経験値を求められます。
そのため施工実績や取得資格の状況や、今後の展望について明確な目的と意思があるかなどが判断材料になります。

・3年以内の転職では忍耐力がないと判断される材料になる

施工管理はコミュニケーション能力と共に、忍耐力も要求される職業になります。
そのため一般的に3年以内に転職する人材では、すぐに辞めてしまうのではないかと考えるので採用を見送る可能性が高くなります。

転職に失敗しない3つのコツとは?

・複数の企業を比較検討する

これは当たり前の事ですが、ひとつの企業だけに応募すると言うのは避けた方が良いです。
ヘッドハンティングなどの特殊な条件下でない限りは、複数の企業の求人を見比べて比較検討し複数に応募してください。

そして複数社の面接を受け、内定企業から取捨選択するというのが、最も効率の高い転職活動となります。
転職するということは、現職での仕事も行いつつ転職活動を行う事になりますので、効率的な転職活動をする必要があります。

・採用条件だけにこだわらない

転職先を探す際、採用条件だけにこだわることは避けましょう。
まず何のために転職するのかをしっかりと明確にし、採用条件以外にも自分の働き方に合っているか、やりたいと思っていた仕事かなどこだわるべきポイントと、妥協できるポイントをしっかり作る事が大切です。

・退職理由や志望動機など面接対策を万全にする

転職における中途採用面接では、必ず聞かれる事が退職理由です。
なぜ前職を退職する事になったのか、なぜこの企業に応募したのかと言うポイントについては必ず明確にしなければなりません。
その為、退職理由と志望動機については、最低限必ず明確に答えられるよう準備する事が重要です。

施工管理のオススメ転職先

・ゼネコン

工務店や設計事務所から転職する場合、ゼネコンへの転職がオススメです。
ゼネコンでは施工管理での経験が活かせ、活躍できるフィールドが多くあります。

ただし、しっかりとした経験や実績と資格がないと、採用される事が難しいとされています。

・ハウスメーカー

ハウスメーカーでは施工管理が不足しているので、転職には非常に有利な職種です。
企業規模や時期によって募集が変動するので、ハウスメーカーへ転職を希望する場合は求人情報をしっかりチェックし転職のタイミングを図る事が重要です。

・デベロッパー

デベロッパーへの転職は豊富なキャリアと実績があれば可能です。
しかし依然狭き門であることは変わりません。

デベロッパーは発注者に近い立場で仕事ができるという事と、年収が高くなることから人気の職種ではあります。
しかし相当な実績を要求されることが多く、転職が難しいとされています。

退職から入社するまでの流れ

・退職の意思を伝える

まずは現在の職場に退職の意思を伝えなければなりません。
その際に重要なのは、退職の意思が固いということを明確に伝えることです。
そして伝えるタイミングは自分が抱えている業務と、会社の業務のタイミングを考え最適なタイミングを図りましょう。

・業務の引き継ぎ

退職の意思を伝えた後は、退職に向かって業務の引き継ぎを行います。
引き継ぎにかかる日程やボリュームなどを吟味し、退職の日程を調整します。

・入社予定日の決定

退職の日程が決まり次第、転職先と入社日の日程を調整します。
そして健康保険や離職票など入社の手続きを進めます。
必要な書類などについては入社する企業にしっかり確認する必要があります。

まとめ


施工管理に限ったことではありませんが、転職するという事にはとても大きなエネルギーが必要です。
転職を成功に導くためには慎重に転職先を吟味し、その先にある自身の働いている姿を明確にイメージできるかが最も重要です。

転職は入社することがゴールではありません。
その企業でどのように働き、どのような生活を送るのかをしっかりイメージしてください。

施工管理の求人を探すには

資格や経験を活かして、施工管理で転職をお考えの方は、建設Myキャリアの無料転職支援サービスをご利用ください。
転職活動における当サービス独自のノウハウを特別にお伝えします。
業界唯一の伴走型エージェントが、全国各地の1,000件以上ある施工管理の求人から最適な求人をご紹介します。
是非一度、ご相談ください!
▷▷無料で施工管理の求人を探す◁◁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【無料】建設業での転職を徹底サポート
あなたに寄り添う伴走型転職エージェント
建設業特化:転職サポート
あなたに寄り添うエージェント